研究開発メッセージ研究開発活動ソマールってどんな会社? ソマロン君と行く!ソマールナビ環境への取組み 地球環境の保全・美化を最優先テーマとしています。
お問合せ営業時間9:00〜17:30 03-3542-2151 フォームでのお問合せはこちら

HOME研究開発>研究開発活動

研究開発活動

社会の要請やお客様のニーズが多様化・高度化し、かつそれらがスピーディーに変化している中で、今後も成長が期待される産業分野に的を絞り、当社が得意とする基盤技術を活用して、お客様がかかえる課題をスピーディーに解決していくことで、当社の独自性を発揮し、かつ社会に貢献していくことを、研究開発の基本としています。

 

1.研究開発活動のねらいと分野

(1)当社基盤技術のさらなる強化とすそ野の拡大

  • フォーミュレーションをベースとした新機能創出ノウハウの蓄積
  • 薄膜均一コーティング技術と関係生産技術
  • ラミネーション技術
  • クリーン化技術
      クリーンコーティングや精密フィルトレーションの要素技術および応用生産技術

 

*(2)省資源、省エネルギー、環境配慮型技術への指向

  • 微細化対応技術(特に電子機器部品や精密機器部品への応用)
  • 溶剤を使用しない粉体応用技術(薄膜粉体塗装への応用)

 

(3)お客様ニーズの的確な把握と課題解決提案型活動

  • テクノロジーパートナーとしての役割
  • 独自製品の応用や共同開発などによる課題解決
  • 知的財産権の重視・尊重
  • 秘密保持などへの必要な配慮

 

2. 当社基盤技術の特徴

(1)材料設計

    *―分子設計とフォーミュレーション技術―
    ソマールは長年培った合成技術を基に高分子設計を基礎から行い、高い付加価値のある材料を独自に開発し、高機能フィルム製品、絶縁塗料、製紙薬品に応用しています。アクリル、エポキシを中心にした高分子設計技術は多くの製品開発に生かされています。
    さらに高分子と他の素材により生じる相互作用を解析し応用したフォーミュレーション技術は、独自に構築してきたノウハウにより差別化できる製品群を提供してきています。

(2)製品設計

    豊富な評価技術、分析機器類の充実、解析技術によりお客様の要求に対して最適な製品設計を行い、高い信頼性を得ています。 分子設計技術を製品開発に取り入れ、かつ、お客様に近い場所での設計開発はアプリケーション技術にも応用でき、最適な製品を最適な方法で使用して頂ける体制ができています。この技術が長年のソマール研究開発がお客様に高い評価を得てきています。

    *―粘着・接着技術―
    素材の分析、解析は粘着剤や接着剤の開発には欠かすことの出来ない要素です。ソマールは素材の分析、解析などの基礎技術力に重点を置き、常に基礎解析を基にした素材の開発を行ってきています。粘着・接着に関しては、表面解析が常に重要な研究課題であり多くの製品開発に生かされています。

    ―コーティング技術―
    フィルムコーティングの技術は長年養ってきたソマールのコア技術の一つです。高いクリーン設備での塗工・塗布技術により高付加価値製品を提供しています。粘着・接着の技術にコーティング技術を付加させることによりソマール独自の製品の提供を行ってきています。

    ―サンドブラスト加工(サンドマット加工)―
    サンドブラスト加工(サンドマット加工)は大きさ約150μm程度の細かい砂をフィルム表面に均一にぶつけることによりフィルム表面に凹凸をつける加工です。これにより艶消し効果、反射率が低減などができます。透明なガラスが摺りガラスになるイメージです。
    サンドブラスト加工(サンドマット加工)の詳細はこちらから

    ―ケミカル技術―
    抄紙関連の薬品は独自の高分子設計を基に高い評価を得ています。パルプ歩留や工業用殺菌剤、サイズ剤開発、また、環境負荷低減の要求に応えた研究開発では常に新製品の提案を行い、抄紙技術の発展に大きく寄与しています。

*(3)システムプロセス設計

    製品のアプリケーションをさらに高めるためのシステム設計、プロセス設計は製品の付加価値を高める重要な要素と位置付けています。生産技術部を中心に独自のシステム、プロセス開発を進め、お客様のニーズに合ったアプリケーション技術を提供しています。これらの開発は電子、電気回路設計から機械設備の設計、システム導入を自社独自で行い製品に最適なシステムの研究開発を行っています。 製造設備のプロセス設計は生産技術部を中心に常に生産性向上の最適化を目指して開発しています。

*(4) 次世代製品開発に向けて

    素材に対する要求に応えて常に新しい提案を行っていきます。ソマールのコア技術である高分子設計、コーティング技術、接着・粘着技術、システム化技術を更に発展させ、「常にお客様に提案できる研究・技術開発」をめざし、今後の環境課題、高付加価値のニーズに応えるため研究開発に経営資源を投入しております。。

3.最近の具体的成果と応用分野例

(1)高機能フィルム製品

  • フレキシブル回路基板の製造工程で必要な各種粘着フィルム
    「ソマタック」(のり残りなく易剥離可)
  • デジタルカメラ用光学フィルム「ソマブラック」
    (高遮光、低反射、制電性付与)

(2)微粒化粉体塗料「エピフォームF」(微細モーターの電気絶縁用薄膜コーティング)

 

(3)高密度部品実装用封止樹脂「ソマテクト」(各種電子機器の回路基板部品実装用)

 

(4)製紙工程用新規歩留向上剤「リアライザー」とその使用システム (アクシーズシステム)


ソマール論文集見本※ 本件関連等の成果を研究論文でも公表しております。

これらはいずれも、当社が製商品の提供などを通して長年関わってきた当社が得意とする産業分野の成果である。

 

BACK TOP

フォームでのお問合せはこちら