製商品情報 分野別 機能別 製商品別 ソマールってどんな会社? ソマロン君と行く!ソマールナビ 環境への取組み 地球環境の保全・美化を最優先テーマとしています。
お問合せ営業時間9:00〜17:30 03-3542-2151フォームでのお問合せはこちら

HOME製商品情報>リアライザーR・FXシリーズ

濾水性・歩留向上剤
リアライザー® R・FXシリーズ

リアライザーR・FXシリーズは、歩留り・濾水性・地合い向上と共に各種内添薬剤の定着性を向上可能な高分子タイプの製紙向け高機能歩留り剤です。


 

特徴

[1] リアライザーRシリーズは、一液添加でも高い効果を発揮するカチオン性高機能高分子歩留り剤です。
[2] リアライザーFXシリーズは、一液添加でも高い効果を発揮するアニオン性高機能高分子歩留り剤です。
[3] 歩留り物性を大きく向上可能です。
[4] 濾水性、搾水性を向上させて乾燥性や抄紙速度アップが可能です。
[5] 紙力剤やサイズ剤等の内添薬剤の定着性を向上可能です。
[6] 洋紙マシン、板紙マシン問わず、ウエットエンド物性の向上が可能です。
[7] 従来の歩留り剤と比較して、低添加量で高い歩留り物性を発揮します。
[8] リアライザーRシリーズとリアライザーFXシリーズを組み合わせたデュアル添加も可能です。
[9] リアライザーAシリーズとリアライザーRシリーズを組み合わせたデュアル添加も可能です。
[10] 抄紙マシンの汚れや紙面欠陥低減対策に有効です。
[11] 白水負荷を大きく低減できSS、COD等の環境負荷低減が可能です。

リアライザーR・FXシリーズ適用による操業性・生産性改善例

・歩留り剤デュアル添加システムを「リアライザー」一液添加に変更して歩留り物性が大きく向上しました。

・填料歩留りと地合いを共に向上させて、紙質面の大きな向上を達成しました。

・リアライザーを適用することにより濾水性・搾水性が大幅に向上し、蒸気原単位の低減、抄紙速度アップを達成しました。

・紙力剤等の内添薬品の定着性が向上し、紙力等の紙質物性向上を達成しました。

・サイズ剤の薬品定着性が向上し、サイズ剤添加量の低減を達成しました。

・板紙マシンの欠陥数の大幅な低減を達成しました。

 

 

製品ラインナップと特性

グレード イオン性 特徴
高機能歩留り剤
(リアライザー
Rシリーズ)
リアライザー
R100系
カチオン 高速マシンの填料歩留り向上に有効
リアライザー
R200系
アニオントラッシュの多い系に有効
リアライザー
R300系
洋紙、板紙何れの系でも歩留り・濾水性・地合い物性をバランス良く向上可能
リアライザー
R500系
各種内添薬品の定着性向上に有効
リアライザー
R600系
板紙マシンの乾燥性向上や
欠陥対策等に有効
高機能歩留り剤
(リアライザー
FXシリーズ)
リアライザー
FX50系
アニオン 高速マシンの填料歩留り向上に有効
リアライザー
FX60系
サイズ剤や紙力剤等の内添薬剤の
定着性向上に有効
リアライザー
FX70系
填料成分の均一分散定着が可能で

※上記以外にも各種グレードを取り揃えておりますので、お問い合わせください。

 

ソマール論文集

[1] ウエットエンド改質剤「リアライザー」による抄紙条件の最適化[PDF515KB]   
〜平成13年度紙パルプ年次大会発表〜

[2] ウエットエンドの最適化による抄紙マシンの操業性向上[PD257KB]   
〜平成14年度紙パルプ年次大会発表〜

[3]ウエットエンドの最適化による抄紙マシンの操業性向上 その2[PD672KB]   
〜平成15年度紙パルプ年次大会発表〜

[4] ウエットエンドの最適化による環境負荷低減[PDF705KB]   
〜平成17年度紙パルプ年次大会発表〜

[5] 新規ASAサイズ剤の開発とそのシステム化[PDF78KB]   
〜平成18年度紙パルプ年次大会発表〜

[6] ウエットエンドの最適化による抄紙マシンの汚れ対策[PDF961KB]   
〜平成19年度紙パルプ年次大会発表〜

[7]「アクシーズシステム」による抄紙マシンの操業性向上[PDF530KB]   
〜平成20年度製紙技術セミナー発表〜

[8] 環境負荷低減のためのウエットエンドコントロール技術[PDF365KB]   
〜平成20年度紙パルプ年次大会発表〜

[9] 次世代ウエットエンド改質システムによる抄紙マシンのトータルソリューション[PDF1,659KB]   
〜平成25年度紙パルプ年次大会発表〜

[10]「アクシーズシステム」によるウエットエンドの最適化[PDF3,038KB]   
〜平成26年度製紙技術セミナー発表〜

[11]高機能歩留り剤「リアライザーFXシリーズ」による新規ウエットエンドコントロール技術[PDF315KB]   
〜平成27年度紙パルプ年次大会発表〜

 

お問合せ先

環境材料営業部
〒104-8109 東京都中央区銀座4-11-2
TEL 03(3542)2155 FAX 03(3542)2033

 

BACK TOP

フォームでのお問合せはこちら